メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
三郷市図書館
施設案内

ホーム> 図書館ブログ

市立図書館にシロツメクサあらわる。

更新日: 2016年5月15日

5月、新緑の季節ですね。

市立図書館の敷地にも緑が増えてきました。

市立図書館の芝生の中に、一部シロツメクサが丸く生えている

ところがあるのに気づいたかたはいらっしゃいますか?

そう、よくお花のかんむりを作ったりして遊ぶ、白いお花の

咲く草です。

誰が植えたわけでもないのに、なぜか自然と丸く生えている…。

どうしてでしょう?

そこで、図書館の本でシロツメクサについて調べてみました。

まず、シロツメクサは種子が運ばれやすく、乾燥や

日差しに強い、帰化植物の仲間であることがわかりました。

そのため、いつのまにか市立図書館にも見られるように

なったのですね。

生え方については、根生葉(こんせいよう)という植物の

葉の形態が関係しているようです。根生葉というのは、

放射状に重なり合って地面に密着するように生えている

葉のことで、このように生えることにより、寒さや乾燥から

身を守り、寒い冬を越えられるそうです。いくつもの

シロツメクサがこのような生え方をすることにより、

丸く見えるんですね。自然の力ってすごいですね。

「シロツメクサのかんむりって、どうやって作るんだっけ?」

という新たな「なぜ?」がうまれたかたも、図書館で調べる

ことができますよ。

みなさんの疑問も、ぜひ図書館の本で解決!スッキリして

みてくださいね。